近年多発している「煽り運転」や、携帯ゲーム機若しくはスマホで見られるような「ゲーム障害」、漫画ばかりに依存してしまうような社会現象は、決して健全とはいえません。

心神耗弱状態に対する対処と言えば、心療内科でのカウンセリング及び投薬が一般的ですが、長期の服薬による弊害が心配の種です。服薬は痛み止めや疾病に対して、その場凌ぎ的な処方になりますが、決して根本的な解決にはなり得ません。

当院の鍼灸は、そんな深刻化するであろうストレス社会に対応すべく、様々な秘訣を織り込んで心身ケアへのお手伝いをします。

また、昨今のコロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大に見られるような免疫力の脆弱化に対しても、鍼灸施術は単に痛みだけの対処ではなく、免疫力賦活に向けた作用が有ります。

筋トレが日常生活の活性化への一端という事と同様に、鍼灸施術も心身活動の賦活への一歩と捉えて頂き、健康への一環として、鍼灸が役に立つ事を願っております。