「経穴」(けいけつ:「つぼ」とも云う)は皮膚上で電気抵抗が減じているような部位であり、何らかの刺激でも反応がある為、鍼灸ではその反応を捉えて気の疎通を促していきます。

よく鍼灸で「即効性の高いのはどちら?」という質問が挙がるのですが、手法の違いだけで基本的な考えは一緒です。

鍼は急性症例に見られるような即効性だけではなく、鍼の響きを利用してゆったりと効かせる手法でも用いられます。

他方、灸は良質の艾を用いた場合は比較的低温となりますので、筋緊張の緩和や心身疲弊の緩解に用いられます。半面、少し質の劣る艾を用いた場合はやや高温になりますので、急激な痛みや局所的な炎症に適します。

どちらとも、気の疎通改善という目的では共通していて、単に痛み止めだけのツールではありません。