同市内在住、80代の男性

1)いつもは前脛骨M〜鮃Mにかけての痺感
2)腰痛は10年以上(※実際はもっと前からと思われるが不明)
3)2020年6月中旬頃、農作業中に転倒して腰部を強打、圧迫骨折
(※現在は回復期)
4)上肢末梢痺感もあるが、下肢ほどではなく軽度
5)糖尿の気配もあるが、本人談は「ない」旨

病証的には典型的な腎虚で、陽虚もそれなり
但し、仮性肥大(※過形成或いは増殖組織や臓器が反応性に一定以上に容積を増す病態/muscular dystrophy)で見受けられるような異常ではない

歩行能力低下や筋力低下に関しては進行が早い関係で、サルコペニア
(※加齢や症例により筋量が減少する事で、握力や下肢M・体幹M等の全身的に「筋力低下が起こる病態」、又は、歩行速度鈍化や杖・手摺りが必要となる等の「身体機能低下が起こる病態」)が懸念される

下肢末梢に於ける浮腫という事から、「三陰交」「照海」「太𧮾」「水泉」「商丘」「太衝」「行間」「内庭」「陥谷」「臨泣」に雀啄鍼
(※「臨泣」「太衝」「陥谷」「照海」の4穴は瀉法の施灸加味)
他、脚陽明経前脛骨Mは全般的に電気鍼