灸頭鍼

「灸頭鍼」とは刺した鍼の頭部(「鍼柄」ともいいます)に空豆大の艾を被せて点火していく施術の1つで、鍼の本体(「鍼体」ともいいます)から身体の深部に熱伝導させていくことで深部の冷感はもとより、血液循環を改善させる効果が有ります。

当院では艾の代わりに炭化灸を使用します。鍼柄への取り付けが容易であり、且つ発生する煙も少なく、温灸と同じく艾が直接皮膚に接触しませんので瘢痕として残存しません。燃焼時間も比較的短い為、長時間の熱伝導による低温火傷の危険性も少ないのが長所です。

半面、当施術中は絶対に身体を動作させないでください。点火中に落灸し、火傷の危険性が有ります

肩部や肩甲骨の周囲等、比較的筋の薄い部分や、呼吸により体動の影響が大きい腹部への施術はより落灸の危険性が高いですので、そのような部位への当施術は行いません。

その他、当院の判断によりご利用になれない場合がございます。
安全性確保の為、当施術中は常時覧ていますのでご安心ください。
肩甲骨から下部、腰部への施術に適しています。

当施術は医療保険による療養費の給付申請がある場合、鍼灸2術の扱いとなります。

別途、灸頭鍼同意書にもご署名いただきます。

©  いなべ神秘の森鍼灸センター All Rights Reserved.
PAGE TOP